2003年06月04日

本日は雨

 昨日は久しぶりに三遊亭竜楽独演会に妻と共に行ってきた。出し物は「死神」。残念ながら今までの中では一番出来が悪かった。
話がじっくり進んでいかないし、現代調にアレンジしすぎだし、レベルの低い客に迎合しすぎる。客が噺家を育てるというが、レベルの低い客は逆に噺家をダメにする。
さて、本日は雨。梅雨の走りなのか、しとしとぴっちゃん、と降っている。
そう言えば雨の歌は多い。歌詞の出だしに「雨」のつく歌でも、「雨雨降れふれ
母さんが」「雨が降ります
雨が降る」「雨は降る降る
城ヶ島の磯に」「雨の外苑
夜霧の渋谷」「雨が小粒の真珠なら」「雨垂れが落ちている
窓の外の軒端から」「雨が止んだら
お別れなのね」・・・多いですねえ。ちょっと思い出してみるだけで、これだけありますね。で、皆さん、歌えますか?。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆