2003年02月28日

ゼミ生卒業合宿

 26、27、28日と、2泊3日で、伊豆伊東温泉にゼミ4年生の卒業合宿に行って来た。
今回は夏の合宿と違って、勉強なし、遊びだけ。こういう合宿だと実に楽。楽しい2泊3日だった。
卒業合宿は久しぶりである。1期生、2期生、3期生と行ったが、それ以降は全くなし。しかも今までの3回は1泊2日。今年のゼミ4年生のまとまりの良さがよく分かる。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2003年02月25日

日本犯罪社会学会の自分史(7)

 事務局長を1期3年(正確には1981年4月〜1984年10月までのほぼ3年と7ヶ月)務めたあと、理事となった。
第1回理事選にて当選し、その後理事を3期(9年)務めた先生方が、「理事は連続3期まで」という規定で、理事選の被選挙権者にならなかったため、若手会員が多く選ばれたのである。そしてその中の一人が私だったということである。
こうして、澤登会長の下、庶務担当の常任理事となった。36歳のことである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2003年02月21日

日本犯罪社会学会の自分史(6)

 編集委員を2期6年。その最後の年、1981年の4月(32歳)から、私は大正大学の専任講師となった。
当時、大正大学に学会事務局があった関係で、私は学会の事務局長となり、庶務と会計の全てを担当することになったのである。
編集委員との掛け持ちで、しかも、その年は大正大学が大会開催校であり、三重の忙しさを強いられた。
庶務、会計、編集をほぼ一人で担当することなど、現在の学会体制では考えられないことであるが、当時はそんなものだったのである。
なりたての新米教員。しかも教える科目が「社会学史」「都市社会学」「社会統計学」と、私の全く苦手な分野。それをこなしながらの学会活動。いま思うによくこなしたと、我ながら感心する。
週に一回、現淑徳大学教授の下山先生に手伝いに来ていただき、二人でなんとか10月の大会までをしのいだ。
大会以降は、編集委員を降り、事務局長だけとなり、その後は順調に進んでいくこととなる。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2003年02月16日

入試業務完了

 入試業務が昨日で完了。試験監督2日間、試験採点2日間、会議2回、懇談3回。
今後、3月末までにやっておくことは、ラジオニュースでのコメント(17日、ラブホテルについて)、20日までに「若者の夢」(『少年育成』)執筆、2月中に「よそ様とよそ者」(『青少年問題』)執筆、3月中に「青少年問題の50年シリーズ(『青少年問題』)執筆、3月12日、警察政策研究会報告、3月16日、『出会い系サイトと青少年』シンポ・基調報告とコーディネーター、警察庁青少年問題調査研究報告書執筆、科研費・少年のライフコースと非行経歴調査研究報告書執筆、以上である。今日あたりからボチボチ始めることにする。
ところで、14日のバレンタインデー、1つもチョコレートが来なかった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2003年02月09日

現在36度8分

 5日、37度1分だったので、翌6日は大学に出かけた。学生指導、大学院研究科委員会、教授会、資料の引っ越し、TG研の打ち合わせ、等で、帰ってきたら、38度8分。
7日は、ぐったりしつつ、神奈川県優良映画推薦評(37度5分)。
8日は、学生に会って、その後、矢島ゼミ論集の「はじめに」を執筆(36度9分)。本日9日は、「三重野康・高木友之助賞候補推薦者」の申請書作成、『中央社会学』の記事、「平川修士論文評」「岩政卒業論文評」「柳澤卒業論文評」そして「社会の読み方」を一気に書き上げる。
疲れた。平熱は午前で36度2〜3分、午後で36度4〜5分なので、未だいくらかある。しかし、ごろごろしているわけには行かない。明日からは大学の入試。試験監督として、朝早くから出かけて行かなくてはならない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2003年02月05日

検診結果

 未だ熱っぽかったが、無理をして、早期胃癌検診協会へ行った。
はい・肝臓・その他の内臓のCTは、異常なし。大腸内視鏡は、手術部近くの内膜に一部膨らみがあるものの、異常なし。血液による腫瘍マーカー検査、異常なし。尿検査、異常なし。つまり全て異常なし。
これで1年間を完全にクリアーした。ただし、現在発熱中。これは遺憾である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2003年02月04日

只今発熱中

 しばらくホームページを開けていない間に、アクセス回数が25137と25000回を越えてしまった。
25000回ヒットはいったいどなただったのでしょうか。
さて、先週は実に忙しかった。
27日(月)、午前中は神奈川県福祉審議会に出席、午後は財団法人青少年問題研究会へ、夕方からは、そこで5月号の編集会議。
28日(火)は、朝から早期胃ガン診療協会へ検査に行く。
29日(水)は、大学院入試の採点と面接試験、夕方からは警察政策学会に出席。
30日(木)は、ようやくお休み。通信教育の冬期試験の採点をする。
31日(金)と1(土)は、朝からゼミ論集の印刷・製作作業。
2(日)は、久しぶりに小学校時代の同級生7名が遊びに来て、呑む。
3(月)は、財団法人青少年問題研究会に行く。朝から喉がいがらっぽく、体がだるい感じであった。具合が悪く、早めに帰ってくる。帰ってきて体温を測ったところ、37度8分。
4(火)現在、38度。歯医者に行く予定だったが、キャンセルした。
インフルエンザの予防注射をしたりと、注意していたのだが、無理がたたったようだ。
今月も20日まではめちゃくちゃに忙しい。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆