2002年10月29日

検査結果

 早期胃ガン検診センターでの第2回目の審査結果が出た。
退院後の検査をまとめてみると、@3月22日、血液検査、林外科A5月9日、胃カメラ、林外科B6月4日、肝臓CT、林外科C7月19日、血液検査、肺CT、早期胃ガン検診センターD10月25日、血液検査、尿検査、超音波、早期胃ガン検診センター
血液検査の結果では、「CEA」「CA−19−9」ともに異常なし。前回高かった「GPT」は平常値に、「中性脂肪」は251から217に下がったが、未だに高い。今回、「血糖」が86から125に上がり異常域に達した。ただし、これは検査直前にスポーツドリンクを飲んだためと思われる。「赤血球域」は424と、わずかながら基準値より低い。
超音波では、肝臓・腎臓・膵臓に「のう胞」が見いだされた。また、前立腺に5o大の石灰化が見いだされた。前回も肺に機能不全域が見いだされたように、ガンではないが、いろいろと出てくるものである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆