2002年10月21日

酒解禁6ヶ月

 本日で酒を解禁してから6ヶ月となった。そこで、この6ヶ月の解禁状況を見てみることにする。
4月22日から7月21日までの3ヶ月間(91日間)。1合以下0.5合以上の酒(日本酒に換算して、以下同じ)を飲んだ日が48日(53%)、0.5合未満の酒を飲んだ日が8日(9%)、全く飲まなかった日が35日(39%)であった。
7月22日から10月21日までの3ヶ月間(92日間)。1合以下0.5合以上の酒を飲んだ日が58日(63%)、0.5合未満の酒を飲んだ日が14日(15%)、全く飲まなかった日が20日(22%)であった。
やはり後半の3ヶ月のほうが多く飲んでいる。現在では、週に1合ほど飲む日が4〜5日、0.5合未満の日が1〜2日、全く飲まない日が1〜2日といったところである。
6ヶ月間の総酒量は、0.5合以上1合以下の日の飲酒の平均を0.9合とし、0.5合未満の日の飲酒の平均を0.4合(その大半は350ccの缶ビールを妻と二人で分けて飲む)とすると、104合、つまり10升4合となる。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆