2002年07月30日

スポーツについて(17)野球対サッカー

 「スポーツについて」シリーズの最後として、野球とサッカーを比べて論じてみたい。
野球とアメフトはアメリカを代表するスポーツであると同時に、きわめてアメリカ的なスポーツだ。
「アメリカ的」の最大の特徴は、ルールがよく言えばきめ細やか、悪く言えば複雑。スポーツの中でもっともルールが細かく規定されているのが野球なのではないだろうか。
このルールでいつも違和感を覚えるのは「ボーク」というやつだ。ピッチャーがどんなかっこして投げたって、そんなことどうでもよいではないか。ストライクを取ればよいのである。盗塁しようとして塁から出ていた者がアウトになろうと、出ていた者がいけない。盗塁しようなんて浅ましい根性を起こすのだから、泥棒と同じくらい細心の注意をして当然である。ピッチャーの投げ方に文句を言う筋合いはない。
「アメリカ的」の第二の特徴は、選手でない者がやたらと指示する、ということだ。つまり、管理者による現場の統制という近代組織イデオロギーがスポーツにも反映されているということである。とにかく野球は、選手外の者が口だしすぎる。
グランド内に選手外の者は入り込んではいけない。一塁と三塁の脇に指示するためのコーチボックスが設けられているなどもってのほか。そんなものは不要である。
「アメリカ的」の第三の特徴は、システム化である。監督からのサイン、キャッチャーからピッチャーへのサインと、秘密の情報が飛び交う。アメフトでは、数百のフォーメーションがあるという。合理的と言えば合理的。しかし、私には「すぎる」ように思える。自ら行う草野球にはそんなものがないからいい。だから、やる野球は好きなのかもしれない。
システム化は頻繁な選手交代にも現れている。ピッチャーの交代はひどすぎる。交代したら少なくとも2イニングは投げることにしなくてはいけない。どんなに打たれてもである。ダメならすぐ替えるという発想が気にくわない。替えたからには、たとえダメでもその責任をベンチは取るべきである。
もっとも、サッカーは替えるのが少なすぎる。あれでは選手が疲れる。少なくとも、延長に入ったら、3人以外にもう2人ほど換えることができるようにすべきだ。
延長戦に入っても、野球はルールを全く変えずに延々と続く。サッカーのようなPKもない。そこで、考えたのだが、延長戦では、選手を一人ずつ減らしていく。つまり10回では8人となる。守る方は、守備の何処を削るか、それは自由。ただし、ピッチャーとキャッチャーは削れない。11回になると7人となる。この方が点が取りやすくなり、早く決着がつく。面白いと思うが、いかがであろうか。
ところで、私がもっとも好きなスポーツは、ルールが単純で、決着がスッキリとつくものだ。そんなのにもっとも近いのはやはり陸上のトラック競技であろう。100、200メートルとマラソンが好きなのは、そんなところにある。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆