2002年07月28日

息子(次男大地)追放

 7月20日、21日にかけて、息子が引っ越し。就職した東京ガスの上大岡寮に入った。これで我が家は妻と私の二人きりとなった。
我が家では、大学に入るか、もしくは就職したら、必ず一度は家を出ていき、少なくとも1年間は一人で暮らすこと、という家訓がある。1年間の追放である。
こうしないと、親のありがたみが分からないし、嫁さんをもらったときのありがたみが分からないし、一人で生活していく気楽さと惨めさが分からないからである。
妻はかなり寂しがっている。息子達は親離れしているのだが、妻はどうも子離れしていないようである。
若い皆さんへ。一度は家を出ましょう。子持ちの皆さんへ。一度は子供を家から追い出しましょう。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆