2002年05月24日

美容院がいっぱい

 保土ヶ谷駅西口。寂れた小さな駅前だ。その駅前から、駅を背にして左側、線路に沿って幅2軒弱ほどの狭い道がある。
その道に、なんと、美容院が5軒連なって並んでいる。
駅から歩いていくと、右側に、まず「MUR」1軒置いて「FAME」「IWASAKI」「VICE」とつながって並んでいる。「MUR」の道を挟んで前にあるのが「DUCK TAIL」。
こんなド田舎の、こんな狭い路地に、何で5軒もの美容院があるのか、不思議でならない。もちろん、美容院も理髪店も、保土ヶ谷にはある。以前からあった。それが、この路地に、ここ2、3年で相次いで建てられたのである。本当に不思議だ。
そのうちきっと倒産する。まずはじめに閉店するのは「VICE」であろう。次が「MUR」か。当たるか、外れるか、経営者になんの恨みもないが、楽しみである。
なお、働いている人達は、「これがいわゆるカリスマ美容師予備軍なのか」と思わせるような一種独特の雰囲気の若い人達である。(中には私好みのかわいこちゃんもいる。)
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆