2002年04月09日

「2ちゃんねる」を見る

 昨日、初めて「2チャンネル」なるものを見た。学部学生から、院生から、そして若手の研究者から、何度か話には聞いていたが、そして「2ちゃんねらー」なる言葉があることも耳に挟んではいたが、見るのは初めてであった。
で、感想は・・・
@何とまあこの量。驚き、桃の木、山椒の木である。見続けて、3時間ほど見てしまったが、それでもごくごく一部、これを見ていたら、一日他のことをやる時間がなくなるであろう。
この「2ちゃんねる」にはまりこめば、「引きこもり」など実に楽にできることだろう。いや、経済的に働かなくていいのであるならば、一生涯引きこもっていられるのではないだろうか。
A内容は玉石混淆である。いやいやそれどころか、玉石泥ヘドロ混交である。玉の人が哀れになる。泥やヘドロに「かっこづけやがって、バカか、お前は」なんて一言で処理されてしまう。
言論の自由というのは、玉も泥やヘドロと同格になるということなのか。泥やヘドロの者が多ければ、民主主義の原理で、泥やヘドロの方が喝采を浴びることになる。これがまさに情報化社会での大衆個人主義の運命であろう。最近はマスコミも石から泥になりつつあるので、なおさらである。
B文章になってない、落書きが実に多い。意味不明のものが半数近くある。これは、事実に基づいての意見表明よりも、単なる感情の羅列が多いからであろう。
「2ちゃんねらー」の人達にはこれで受けているのであるとしたら、まさに「井の中の蛙」であり、2ちゃんねるサブカルチャーであり、2ちゃんねるスラングであり、欲求不満のオナニスト群である。
B絵が描いてあったりする。スペースを多大にとるだけで、ちっとも面白くない。無駄である。
さらにひどいのが、「○○○○



□□□□■■■■」と、無意味な記号が続くものである。数十行、時には数百行と続く。これは無駄以上で、悪意そのものである。
C「社会学」をちらりと除いたのだが、書き込んでいる人は、かなり限定されているようだ。その限定者の見解が「社会学」と思われては心外である。
社会学専攻の大学院生以上ではそんなことないであろうが、学部学生や専門外の人では、「社会学ってこんな学問・こんな世界」と思う可能性大である。
D宮台氏関係の記述の多いことには驚いた。有名人であることは確かだが、これほどとは思わなかった。彼の場合は、このような匿名の言いたい放題の掲示板では、話題にしやすいタイプなのであろう。
しかし、これほどの量となると、宮台氏本人がかわいそうというより、書き込んでいる連中の執拗なまでのしつこさが、一種のストーカーのように思えてくる。
E誰か「2ちゃんねらーの社会学」なんてのを、書く人いないのかねえ。たぶんそのうちでで来ることと思う。いや、私が知らないだけで、もうでているのかもしれない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

続・2ちゃんねるを見る

 今まで2ちゃんねるを見ていた。もう飽きた、それにだいたいのことがわかった。しばらくは見ないであろう。
「中央大学スレッド7」というのを見た。「スレ」とはスレッドであることがわかった。内容は、意味不明のゴミだらけ。「中大ねっと」のほうがよほどまとも。これを見てると、中大生のなかでも最低の軽薄学生が2チャンネルの常連なのではと、思えてくる。
「田野崎昭夫の門下生集まれ!!!」は、まずまずのまとも。ホッとした。
「家族社会学」では山田氏ばかり。森岡清美先生がまったく出てないところが、今の家族社会学の若手の現状なのか。情けないことになったものである。
「最近の犯罪社会学」は、それなりにレベルが高い。ここでのヒーローは鮎川氏。残念ながら、ここでも星野周弘が出てない。科学警察研究所の一連の研究成果が無視されている。犯罪社会学会の数人の若手研究者がおそらく議論の中心になっていたのであろう。何となく誰だかわかる。
昔も貧困ではなく遊び・スリルを動機とした非行があったという鮎川氏の記述が、感心したように書かれているが、これは危険。
「昔は貧困による非行・・」を鵜呑みにすると同じ誤りに陥る。例えば、ある少年が夢にまで見たバナナを万引きしたとしよう。当時バナナは高級品、本当に腹が空いていたなら、もっと腹にたまるものを万引きするはず、そんな大して腹のたしにもならない高級品のバナナを万引きするのだから貧困のためとは言えない、という見解はナンセンスであろう。貧しい者こそ犯罪に手を染めて、贅沢をしたがるのである。これはアノミー論の射程である。
また、どんなにひもじくても、規範意識が強く万引きに対する罪悪感が強ければ、万引きすることは必然的に恐怖である。そして常習化していけば行くほどそのスリルが快感と化す。
このへんのことは当然理解しなくてはいけない。なお、矢島が出ていたのには笑ってしまった。(ただし、その後でバカにするコメントがあったが)。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

続々・2ちゃんねる

 1日に3回も書くのは始めてのことだが、凄いのを見てしまったので書く。
2ちゃんねるの「東洋大学」。2001年7月25日の記述。社会病理学会で4巻の講座を出すことが企画されている、ということが記されている。
企画委員会で4巻という構想が出てきたのはこれより少し前のことだったのではないか。社会病理学会の会員ですらまだ知らないはずである。一部の理事と企画委員のみが知り得ていることが書かれているわけであり、これは「凄い」。
しかも、記述者は社会病理学会は死せる学会で、「ゾンビ」と表している。これも「凄い」。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆