2002年04月05日

復帰の記(3)

 本日病院に行って来た。前回行ったときの血液検査の結果を聞いた。
中性脂肪、肝機能、糖、異常なし。そして肝心の腫瘍マーカーは・・・異常なし。腫瘍マーカーは精確さには欠けるが、ということは「異常なし」といえども油断はできないが、それでもまずは安堵。酒解禁の日がますます近づいた。
今年の3月は、実にゆっくりと休んだ。大学の専任教員になってから21年間、これほどゆっくりと休んだひと月はなかった。それほど馬車馬のように活動していたということだ。
専門書1冊、癌関係の本2冊、専門雑誌3冊、文庫本の小説4冊、単行本の漫画(『三丁目の夕日』)2冊、400字原稿用紙で40枚分の学術講演用原稿作成、学術講演1回、田村さんのお別れ会出席、いくつかの書類作成・郵送、電子メールでのいくつかの返答と指示と、ひと月でやったことは、これだけである。
あとは、散歩に病院通いにマッサージ・指圧、入浴、ひなたぼっこ、等と、ボケーッとしている。
これで大学の先生が務まれば、もうこれだけでウハウハであるのだが・・・。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月03日

1万人目は誰?

 このホームページが開設されてから2年と4ヶ月。ようやく1万の大台になろうとしています。アクセス1万人目はいつか?誰か?。
皆さん予想してみて下さい。私は、4月22日、私自身、と予想。
さて、結果は・・・。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月02日

メディアに洗脳されないように

 4月から新聞が替わった。半年間購読した読売新聞から毎日新聞になった。9月までの半年間は毎日新聞だ。その後の半年間は朝日新聞に決まっている。そしてその後は読売新聞にする予定。
こうすると、各新聞の違いがよくわかる。記事の選び方、紙面の取り方、書き方や見解、等、微妙に違う。
違いがわかると、客観視でき、新聞メディアに洗脳されることもない。何年も同じ新聞を購読しているのは危険である。知らず知らずのうちに洗脳されていて、しかもそれに気づかず、自分独自の意見と思いこんでしまうおそれがある。
本当は3紙購読するのがよいのだが、経済的以上に時間的にゆとりがないので、順繰りに交代で購読している。
しかも、そうするといろいろとサービスがあり、それも儲けものである。
是非ともお勧めする。もちろん3紙以外の新聞でもよい。
さらに、テレビのワイドニュースも同じチャンネルのみ見るのはよくない。様々なチャンネルの様々なニュースキャスターのワイドニュースを見るべきである。そうするとここでも比較することができ、客観視し得る。
ところで、余談だが、16年間もったテレビがとうとうダメになってしまった。そこで新しいテレビを買ったのだが、それが随分と横の長いテレビだ。
で、映っている人の横幅が長くなる。皆さん太めに映る。可愛い女の子が太って映る。それが私にとってはちょうどよい。
今の若い女の子がやせ過ぎなのか、私が太め好みなのか、おそらくその両方であろうが、とにかく私にはちょうどよいのだ。ウハウハである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆