2002年04月27日

3つの顔を持つ男

 
偉大な社会学者は、やはりスケールがでかい。言い換えれば、いくつかの顔を持っている。

たとえば、3大社会学者。

デュルケムは社会学中興の祖、教育社会学の祖、そして宗教社会学者という顔を持っている。ウエーバーは、社会学者であり、経済学者である。ジンメルは、社会学、哲学、芸術学と、これまた幅広い。

ところが、一流の学者になると、研究領域が、きちんと限定されてくる。悪く言えば、こじんまりとしてくる。したがって、スケールの大きさはなくなるが、深さにおいては、偉大な(超一流の)社会学者に引けを取らない。

偉大でもないのに、研究領域を拡大すると、ろくなことはない。あっちをちょっとかじり、こっちを少しなめて・・・といった感じで、腰が定まらなくなる。

どうもその典型が私のようである。

私の第一の顔は、犯罪社会学者という顔だ。少年非行・青少年問題研究者という顔である。この顔が一番定着している。信望もある。

第二の顔は、性社会学者という顔だ。同性愛・トランスジェンダー研究者という顔である。

この顔は、ジェンダー論者やフェミニスト集団そして当事者達には、「胡散臭いやつ」と警戒されている顔である。とにかく、当事者側に立たないし、世の中を男支配社会なんて思わないのだから、とうてい「仲間」とは思われないであろう。(なお、この点に関して言えば、世の中は「美男・美女支配社会」である。このことに関しては、後に怨念をこめて、語ることもあるだろう。)

第三の顔は、ドヤ街研究者という顔である。フィールドは横浜寿地区。

10年前までは、この顔が第二の顔であったが、今は第三に退いている。そして今では、研究活動というよりも、精神ならびに身体障害者のボランティア活動を通して、結びついている、と言えよう。

この顔も、一頃は「胡散臭いやつ」と思われ、いろいろとトラブルに巻き込まれたものである。

さて、この3つの顔、共にバラバラで、ほとんど別物となっている。それゆえか、私の3つの顔全てを良く知っているという人は一人もいない。つまり私の研究を全体的に評価し得る人は一人もいないということである。

それどころか、1つの顔を知っているだけで、他の2つの顔をまったく知らないという研究者が大半である。それ故に、私に対しての評価は、ほとんど3つの顔のうちのどれか1つに対しての評価となる。そしてその評価が私の全てだと思いこんでいる。

これでは、「矢島は大したことないやつ」ということになってしまうであろう。社会学の講義で、「犯罪・非行」も「セクシュアリティ」も「ドヤ街」も講義できるなんて教員は私以外にいないと自負し、「1つぶで3つの味のいい男」なんて言っていても、それすら研究者間では知られていない、ということである。

なんか、これは「愚痴話し」なのか「自慢話し」なのかわからなくなってしまったが、どちらでもない。

同じ社会学とはいえ、3つの研究世界のあまりにも違う雰囲気の中を、それなりに器用に渡り歩いている研究者の、ある種あきれかえった「自己評価」と思っていただきたい。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月25日

再発?!

 なな、なんと、再発してしまった!!!、転移してしまった!!!。
十年以上私を苦しめ続けてきた水虫がやっと治ったというのに。右足から左足に転移してしまったのだ。なんてっこった。
今の私の状況。おそらく若い人は考えられないことであろう。と言うのも、未だに長袖の下着を着て、股引をはいているのだ。さらに、24時間靴下をはき続けている。
しかも、すごいことに、夜寝るときは湯たんぽをして寝ている。
我慢し耐えているのではない。こうすると気持ちよいのだ。言い換えれば、そうしないと、躰と足が冷えてしまうのだ。
ところが、これが私だけでなく、水虫野郎にも、実に実に快適らしい。うはうはと勢いづいてきている。憎たらしいやつである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月22日

酒解禁

 昨日、4月21日、酒の解禁。本当は22日なのだが、21日が日曜日だったので21日とした。
1月22日の手術後3ヶ月である。酒を飲むのは実に96日ぶり。
まずはとりあえずのビール。小さなグラスにおよそ30cc。それをちびりちびりと3口ほどで飲む。「そうだ、ビールってこんな味だった」と感慨深い。
さて、次は本格的に。焼酎。鹿児島藷焼酎「限定版石蔵」(25度)を60cc。薄目のお湯割りで、ちびりちびりと飲んだ。やはり旨い。
おかずは、インゲン豆、鯨の刺身、鮭のムニエル、野菜具だくさんのみそ汁、蕗と筍の煮付け、キュウリとかぶの漬け物。
実にリッチな夕食であった。
今後、1ヶ月ほどかけて、徐々に酒量を増やしていく。最終的には、日本酒にして一日一合、週2日の休肝日。
これからは、旨い酒を、ごく少量、ちびりちびりと飲んでいくことにする。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月19日

特製青汁の作り方

 人参、赤ピーマン、オレンジ、リンゴを次から次へと、ハンディ・ジューサーに入れる。手動式なので、手でハンドルを回すと、下から汁が出て、前から残りカスが便のような感じで出てくる。ここまでは当然であるが、汁は赤みを帯びている。赤汁である。
次に、小松菜、大根の葉、キャベツの葉を入れる。そうするとたちまち汁の色が青くなる。まさに青汁である。最後にここに黒酢を入れる。こうしてできあがり。毎朝、妻と二人で共に300ccほど飲む。
大根の葉は「葉付き大根」を買ってくる。近頃はスーパーでは売ってなく、生協に注文している。キャベツの葉は、スーパーで捨ててある一番外側の葉をもらってくる。本当は人参の葉も手に入れたいのだが、これは作っている農家に行かない限り無理だろう。健康に良いところが、売れないので捨てられているわけだ。
便のようになった残りカスは、今のところ庭木の肥料にしている。何かよい使い道があるような気もするのだが、今のところは思い浮かばない。
以上、本日は、自家製青汁の作り方でした。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月18日

復帰の記(7)

 昨日は今年度初出勤。11時着。
研究室のなかが雑然としている。整理整頓せずに緊急入院してしまったことと、「戦後日本<トランスジェンダー>社会史研究会」のメンバーが作業していたので、かなりの散らかりようだ。
9階の社会学共同研究室に行く。ここにも私宛の書籍・雑誌・資料・書類・等が山積みされていた。
これらの整理途中で、3時限目の時間となる。3時限目は「社会問題」。ガイダンスだけして終わらせようと思っていたのだが、何となくT部の導入編に入ってしまった。入ったら止められなくなって、結局最後まで講義してしまった。
4時限目は社会学演習(ゼミ)。これも時間オーバーになるまでやってしまった。
5時限は、呼び出したゼミ生への指示をしたあと、数名のゼミ生に手伝ってもらい、部屋の整理整頓。
ある程度片付いたところで、ゼミ生と杉浦先生を交えての雑談。
ゼミ生が帰ってから、電子メールを開いてみる。200以上のメールが来ていた。ざっとみただけで、もう限界。帰ることにした。
帰宅は10時過ぎ。食事をし、薬を飲み、指圧をし、風呂に入り、寝たのが午前1時半。かなりの疲れであった。
本日は、研究室会議、大学院会議、教授会、懇親会、とあったが、全て欠席。休ませていただいた。
研究室の掃除、整理整頓、メールの返送、書類の提出、等、まだやるべきことがどっさり残っている。土曜日にまた、えっちらおっちらやるつもりだが、それでも終わらないであろう。
ところで、この「矢島正見わーるど」の接続回数が今回は大幅に伸びた。「社会問題」の講義で紹介したので、おそらく受講生が開いてくれたのだと思う。お越し下さりありがとうございました。まずは、御礼申し上げます。
ところで、講義の時間割一覧表で、私の「社会問題」と「現代社会研究」がゴチックになっていなかった。そこで、「他学部・他学科の学生は履修できない」と思いこんでしまった学生が少なからずいたようだ。
これは事務のミスであり、事務でも訂正文を出したとのことだが、おそらく見てない学生が多いことだろう。
これらの科目は、他学部・他学科の学生も履修できます。もし、出来ないと思って履修をあきらめてしまった学生が友達や知り合いにいたら、教えてやって下さい。履修に間に合わなくても、訂正時に申し出れば大丈夫です。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月15日

私でした

 現在、2002年4月15日11時52分。「矢島正見わーるど」を開いたのはおよそ1分前、つまり51分。番号の数値は「10000」。つまり、予想通り、10000番目は私、矢島正見でした。よって、賞金1000万円は私自身となりました。みなさん、残念でした。今度は20000番です。その時までお待ち下さい。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月14日

復帰の記(6)

 明日からは本格的に復帰。15日(月)は財団法人青少年問題研究会に出勤、会議と雑務。17日(水)は中央大学、講義と演習。18日(木)も中央大学、研究室会議、大学院会議、教授会。20日(土)も中央大学、大学院の講義と演習。
大学には、おびただしいほどの書類と郵便物が溜まっていることと思う。まずはその整理。いや、研究室の空気を入れ換えて、掃除することが先か。研究室のパソコンにもかなりの電子メールが来ていることと思う。さらに、いくつかの書類の作成・提出がある。とにかく3ヶ月ぶりに研究室を開けるのだから。
えっちらおっちらと、やっていくことにしよう。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月13日

ただ今9924

 とうとう9900番台になりました。ただ今9924です。10000まであと76。
さて、10000番目の方はどなたでしょうか。もしよろしければ自己申告を。その方には豪華な記念品を・・・?。もちろん私も10000番目にチャレンジします。
なお、私の予測では4月22日でしたが、この分だと明後日頃には達成しそうですね。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

復帰の記(5)

 昨日警察庁少年課「青少年と社会環境調査研究会」の会合に出た。茗荷谷のお茶の水女子大まで行って来た。あの辺は可愛い女子高生がうじゃうじゃいる。
ま、それはともかくとして、復帰第5弾も無事終了。終了後飲みに行ったのだが、私はウーロン茶。こんなこと我が人生で初めてのこと。みんながビール等飲んでいるなか、ウーロン茶を飲んだのだが、さほど違和感はなかった。
酒解禁日まであと一週間である。今度同僚と飲むときは、一合弱の純米吟醸酒を、ちびりちびり飲むつもりでいる。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月11日

「矢島正見わーるど」とは

 このホームページ「矢島正見わーるど」について、何の説明もしてこなかった。今回はこのことについてメモ程度に書く。
ホームページの作成者は私ではなく、今年度ゼミを卒業した浅見圭介君である。ちなみに彼は三重野賞を受賞しており、我がゼミとしては宮永君に次いで2人目の受賞者である。
彼がいなかったら、矢島ゼミのホームページはなかった。言うまでもなく、私は作り方を知らない。
現在のホームページは3度目の改訂版である。1度目と2度目に比べ、現在のが私は一番満足している。とにかくすっきりしている。「シンプル
イズ
ベスト」である。
ホームページ作成において心がけたことは、第一に、面白いものを作ろうということだ。くそまじめな自己宣伝と格好づけは私の性分ではない。
よって第二に、非学術的とした。私の業績一覧を掲示したり、最新の論文を掲示したり、学問的なしちめんどくさい論議をしたり、ということはやめた。
専門の研究者はこんなところを見なくても私の論文は知っているだろうし、一般の人はそんな論文や論議は糞面白くもないであろう。
第三に、そんなわけで、このホームページの読者層を研究者ではなく、ゼミ生、ゼミ卒業生、中大生、中大文学部受験生と想定した。もちろんどなたがお読みになっても一向にかまわないが。
「プロフィール」の欄の肩書きは確か私のメモに基づいて浅見君が作成したと記憶している。文字が崩れてしまっているのが玉に傷だ。また、「矢島正見研究所所長」が2番目に入っているのには笑ってしまった。冗談が「まとも」になってしまった。強いて言えば、肩書きとしては、「中央大学文学部教授」の次は「財団法人青少年問題研究会理事長」であろう。次が「日本犯罪社会学会常任理事・研究委員長」か。
肩書きの次の自己紹介は私が書いた文章だ。研究室で一杯飲みながら書いた記憶がある。なかなか気に入っている文章である。
その次の業績一覧は、単著または編著の本のみ出しておいた。論文やその他は一切カット。提示した本は、実はこれを見た人が買ってくれることを期待しているからだ。買う人のための提示である。特に『忠犬パパは眠れない』(宝島新書
700円+税)はお勧めである。まだ読んでいない人は是非ご購入を。書店にはないので注文して下さい。
このプロフィールは全体としては、在校生・受験生・等に対して、いくらか威厳をもたせ(さもないと「矢島ってバカだ」なんて勘違いする学生が出てくる可能性があるので。)るためであり、また、私に講演を依頼して下さる方への情報提供でもある。
「我流雑筆」が、このホームページのメインである。これだけあればあとは何も要らないと言ってもよいくらいだ。「我流雑筆」と名付けたのは私ではなく浅見君である。よい名前をつけたものである。
なんの拘束もなく、言いたい放題のことを書かせていただいている。病後は書くのが日課となった感があるし、書いていて楽しい。
ただし、中央大学文学部教授・財団法人青少年問題研究会理事長・日本犯罪社会学会研究委員長という肩書きから見ると、内容にかなりのズレがある。その点自分自身でもやや弱っている。
私としては「矢島正見」という中年おじさんの気分で書いているのだが、プロフィールで肩書きを出しているので、読者はどうしても比べてしまうであろう。
そこでお願いだが、肩書きと同時に、自己紹介の内容を思い起こしていただきたい。さすれば、この「我流雑筆」も違和感はないはずである。
なお、このホームページはあくまでも私個人のホームページなので、「中央大学」にも「日本犯罪社会学会」にもリンクしていない。こちらからあちらに移れても、あちらからはこちらに移れない。つまり「中央大学経由の矢島正見」「日本犯罪社会学会経由の矢島正見」を排除しているのである。
中央大学では、現在各教員のポームページ作成を奨励しており、ホームページの通信代を中大がもつということになっているが、この制度からも外している。「中央大学の教員らしいホームページ」なんて、考えただけでも気分がめいってくる。
「うはうはネット」はゼミ卒業生専用の欄であり、パスワードがないと入れない。ゼミ生用のメーッセージなどが書かれている。最近低調気味で、心配している。
その最大の理由は、私からゼミ卒業生、ゼミ卒業生から私、という2方向しかないからである。卒業生同志の会話があってもよいと思っている。
「野尻湖・写真」がある。こういうのは大歓迎なのだが、私が作成できないので、誰かがしてくれない限り無理である。浅見君だけに頼るのではなく、各卒業年度に一人くらいいてくれると嬉しいのだが。
ま、こんなふうに私はこのホームページをイメージして、「我流雑筆」を書いている。ご愛読下されば幸いである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月09日

「2ちゃんねる」を見る

 昨日、初めて「2チャンネル」なるものを見た。学部学生から、院生から、そして若手の研究者から、何度か話には聞いていたが、そして「2ちゃんねらー」なる言葉があることも耳に挟んではいたが、見るのは初めてであった。
で、感想は・・・
@何とまあこの量。驚き、桃の木、山椒の木である。見続けて、3時間ほど見てしまったが、それでもごくごく一部、これを見ていたら、一日他のことをやる時間がなくなるであろう。
この「2ちゃんねる」にはまりこめば、「引きこもり」など実に楽にできることだろう。いや、経済的に働かなくていいのであるならば、一生涯引きこもっていられるのではないだろうか。
A内容は玉石混淆である。いやいやそれどころか、玉石泥ヘドロ混交である。玉の人が哀れになる。泥やヘドロに「かっこづけやがって、バカか、お前は」なんて一言で処理されてしまう。
言論の自由というのは、玉も泥やヘドロと同格になるということなのか。泥やヘドロの者が多ければ、民主主義の原理で、泥やヘドロの方が喝采を浴びることになる。これがまさに情報化社会での大衆個人主義の運命であろう。最近はマスコミも石から泥になりつつあるので、なおさらである。
B文章になってない、落書きが実に多い。意味不明のものが半数近くある。これは、事実に基づいての意見表明よりも、単なる感情の羅列が多いからであろう。
「2ちゃんねらー」の人達にはこれで受けているのであるとしたら、まさに「井の中の蛙」であり、2ちゃんねるサブカルチャーであり、2ちゃんねるスラングであり、欲求不満のオナニスト群である。
B絵が描いてあったりする。スペースを多大にとるだけで、ちっとも面白くない。無駄である。
さらにひどいのが、「○○○○



□□□□■■■■」と、無意味な記号が続くものである。数十行、時には数百行と続く。これは無駄以上で、悪意そのものである。
C「社会学」をちらりと除いたのだが、書き込んでいる人は、かなり限定されているようだ。その限定者の見解が「社会学」と思われては心外である。
社会学専攻の大学院生以上ではそんなことないであろうが、学部学生や専門外の人では、「社会学ってこんな学問・こんな世界」と思う可能性大である。
D宮台氏関係の記述の多いことには驚いた。有名人であることは確かだが、これほどとは思わなかった。彼の場合は、このような匿名の言いたい放題の掲示板では、話題にしやすいタイプなのであろう。
しかし、これほどの量となると、宮台氏本人がかわいそうというより、書き込んでいる連中の執拗なまでのしつこさが、一種のストーカーのように思えてくる。
E誰か「2ちゃんねらーの社会学」なんてのを、書く人いないのかねえ。たぶんそのうちでで来ることと思う。いや、私が知らないだけで、もうでているのかもしれない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

続・2ちゃんねるを見る

 今まで2ちゃんねるを見ていた。もう飽きた、それにだいたいのことがわかった。しばらくは見ないであろう。
「中央大学スレッド7」というのを見た。「スレ」とはスレッドであることがわかった。内容は、意味不明のゴミだらけ。「中大ねっと」のほうがよほどまとも。これを見てると、中大生のなかでも最低の軽薄学生が2チャンネルの常連なのではと、思えてくる。
「田野崎昭夫の門下生集まれ!!!」は、まずまずのまとも。ホッとした。
「家族社会学」では山田氏ばかり。森岡清美先生がまったく出てないところが、今の家族社会学の若手の現状なのか。情けないことになったものである。
「最近の犯罪社会学」は、それなりにレベルが高い。ここでのヒーローは鮎川氏。残念ながら、ここでも星野周弘が出てない。科学警察研究所の一連の研究成果が無視されている。犯罪社会学会の数人の若手研究者がおそらく議論の中心になっていたのであろう。何となく誰だかわかる。
昔も貧困ではなく遊び・スリルを動機とした非行があったという鮎川氏の記述が、感心したように書かれているが、これは危険。
「昔は貧困による非行・・」を鵜呑みにすると同じ誤りに陥る。例えば、ある少年が夢にまで見たバナナを万引きしたとしよう。当時バナナは高級品、本当に腹が空いていたなら、もっと腹にたまるものを万引きするはず、そんな大して腹のたしにもならない高級品のバナナを万引きするのだから貧困のためとは言えない、という見解はナンセンスであろう。貧しい者こそ犯罪に手を染めて、贅沢をしたがるのである。これはアノミー論の射程である。
また、どんなにひもじくても、規範意識が強く万引きに対する罪悪感が強ければ、万引きすることは必然的に恐怖である。そして常習化していけば行くほどそのスリルが快感と化す。
このへんのことは当然理解しなくてはいけない。なお、矢島が出ていたのには笑ってしまった。(ただし、その後でバカにするコメントがあったが)。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

続々・2ちゃんねる

 1日に3回も書くのは始めてのことだが、凄いのを見てしまったので書く。
2ちゃんねるの「東洋大学」。2001年7月25日の記述。社会病理学会で4巻の講座を出すことが企画されている、ということが記されている。
企画委員会で4巻という構想が出てきたのはこれより少し前のことだったのではないか。社会病理学会の会員ですらまだ知らないはずである。一部の理事と企画委員のみが知り得ていることが書かれているわけであり、これは「凄い」。
しかも、記述者は社会病理学会は死せる学会で、「ゾンビ」と表している。これも「凄い」。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月07日

復帰の記(4)

 新年度の矢島ゼミのゼミ生が決まった。
4年は、女子12名、男子12名の計24名。矢島ゼミ旧3年生24名の全員が残留した。2〜3名は他のゼミに移るかな、と思っていたのだが、そうではなかった。
この学年はかなりチームワークがいい。女子は美女・かわい子ちゃんばかりで、男子はいい男ばかりだ。私への愛情もそれなりにある。数名は肩ぐらい揉んでくれることだろう。
3年は、女子12名、男子8名の計20名。女子が多いところがみそである。ゼミ生の男子と女子が1対1になると、女子が4名あまる。そこで私は4人の女子とウハウハということになる。あとは、私への愛がどれほどあるか、ということだが、期待できそうである。
さて、総計44名の大所帯となる。病後の活動量50%限定の私にとっては、これはきつい。どの様にゼミを運営していくか、私案のしどころである。勝手にやらせといて、「鬼のゼミ・地獄のゼミ」から「仏のゼミ・極楽のゼミ」にしようか?。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2002年04月06日

会員の皆さんへ

 「うはうはネット」会員の皆さんへ
ここ5〜6日、「うはうはネット」を開くことができなくなってしまいました。何度開けようとしてもダメです。浅見君に尋ねたのですが、はっきりした原因が分かりません。
そこで、会員には申し訳ありませんが、矢島は「うはうはネット」の4月2日以降の書き込みを読んでないし、これからも読めないと思って下さい。
もっとも会員以外の方には、まったく関係ないことですが。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆