2002年03月07日

闘病記(8)

 入院に当たって、原則として入院先を教えなかった。「見舞い無用」とさせていただいた。見舞いはこちらも気を使うし、相手も見舞いに「行った」「行かない」と、つまらぬ義理立てに気を使うからである。さらに、ゼミ生や卒業生が押しかけたとあっては、病院側も迷惑であろう。
文学部事務室、社会学共同研究室、財団法人青少年問題研究会、そして星野先生にのみ教えておいた。仕事の連絡がどうしてもあるからでである。後は妻経由とさせていただいた。
様々な方に迷惑をかけ、義理を欠いた。教授会書記では坂田先生、シンポジウムでは岩下先生・都筑先生、将来構想委員会の諸先生、松尾学部長、文事務の事務長や事務の方々、社会学コースの同僚ならびに室員さん、そして久保貴先生、等々である。
しかし、これからも当分ご迷惑をかけることであろうし、また義理を欠くことと思う。と言うよりも、多くの方々の暖かいご助言をありがたくいただき、これからは義理を欠く人生を歩もうと思っている。
もう既に、4月以降、社会学の同僚の暖かい配慮によって、大学の校務一切が免除された。さらに、担当コマ数も、かなり減少させていただいた。ありがたいことである。
また、非常勤も、大妻女子大学と駒沢大学を急遽辞退させていただいた。
ここ1年間は、学会活動も何もしないでいることとする。研究活動も最低限とする。よって論文も書かない。
通信は原則として電子メールだけとさせていただく。年賀状も今年は無しにする予定。
そんなことで、今までの活動量を100として、今年前半は50%、後半は60%、2年目と3年目は70%、4年目と5年目は80%とさせていただく。「腹八分目、仕事も八分目」である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆