2001年09月30日

社会学史

 合宿のことを書いたので、今回は「社会学史」の講義のことを書く。
社会学史は1年生の必修通年科目である。入学して、社会学の「社」の字も分からない学生にたいして、講義することになる。
第1回目はガイダンス。自己紹介をし、諸注意を述べる。その後の講義は、「第T部 プロローグ」【1】社会学とは
【2】社会学史とは
【3】社会学の起源
と続く。
「第U部 古典社会学編」では、【1】コント
【2】スペンサー
【3】マルクス、エンゲルス
【4】テンニェス
と、それぞれの学者の社会学について説明していく。
「第V部 三大社会学者編」では、【1】デュルケム
【2】ジンメル
【3】ウェーバー
と、やはりそれぞれの学者の社会学を説明する。現在はデュルケムが終わるところである。
「第W部 アメリカ社会学編」では、【1】クーリー
【2】ミード
【3】シカゴ学派都市・犯罪社会学
【4】パーソンズ
【5】マートン
を予定している。
毎年、最期まで終わらないのだが、今年は休みが少ないので、このぶんだと例年よりやや進んで、【3】くらいまではいけそうである。
このように書いてくると、ずいぶんお堅い講義のようだが、元来柔らかい私に堅い講義など出来るものではない。「楽しく、よく分かる講義」をもっとうに行っている。ただし、社会学史では、他の講義と違い、スケベはほとんど無い。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆