2001年07月28日

おはよう・こんにちは・こんばんは

お便りの第2弾です。今日は私の肩書きというか職務というか、そんなものを書いてみます。○先ずは講義・・・学部で「社会学史」「社会問題」「現代社会学研究」「社会学基礎演習1」「社会学演習」そして卒業論文指導。大学院で「社会病理学特講」「社会病理学演習」「社会病理学特殊研究」そして修士論文指導。通信教育で「社会学」。非常勤として大妻女子大学で「社会病理学」、法務省矯正研修所非常勤講師「犯罪社会学」、法務省保護観察官研修非常勤講師「青少年問題」。○次に、大学内での職務、つまり雑務・・・教授会幹事、教務委員、学部研教審委員、専門図書選定委員、教育実習担当、学習指導委員、41組担任、入試合否決定委員、文学部創立50周年記念事業委員、高大一貫教育委員、文学部将来構想委員(委員長)、人文研「民衆と現代社会」チーム代表、社研専門委員、大妻女子大との研究教育交流検討委員、外国人研究者ホーキンス氏受入責任者、外国人短期研究者チャン氏受入責任者、文学部若手の会メンバー。○学会・社会での活動は・・・日本犯罪社会学会常任理事、日本社会病理学会編集委員、社会病理学会企画『社会病理学講座 第3巻』編集者、日本犯罪心理学会会員、日本教育社会学会会員、日本社会学会会員、関東社会学会会員、福祉法人恵友会評議委員、精神障害者グループホーム「リバーサイドハイツ」運営委員、身体障害者作業所「ことぶき福祉作業所」運営委員、保土ヶ谷区子ども会育成連絡協議会専門委員、少年法研究会幹事、戦後日本<トランスジェンダー>社会史研究会代表、非行少年のライフコース研究会会員、警察政策研究会少年問題部会会員、警察庁・青少年問題調査研究会代表、警察庁・少年刃物対策研究会会員、社会安全研究財団・青少年人間関係調査研究会代表、財団法人青少年問題研究会理事長。○我が家では・・・矢島文代の夫、矢島裕樹・大地の父親。○その他では・・・矢島ゼミOB.OGの会「うはうは会」名誉会長。以上です。疲れるはずです。で、今のところ、誰も慰めてくれません。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2001年07月25日

はじめまして

ながらくお待たせしました。ようやく書き始めることが出きるようになりました。とにかく4月から絶望的に忙しい日々を送っています。大学というところはどうしてこんなに忙しいのでしょう。大学の先生は休みが多くて気楽な稼業などと世間では思っているのでしょうが、とんでもない。4月1日から今日(7月25日)まで、休んだ日は27日間です。土日が休みのサラリーマンであるならば36日休んでいるので、これでも少ないことがわかるでしょう。ところが、この休んだ27日は、家の建築の打ち合わせ、家の引っ越し、お見舞いと、これでおよそ10日間費やされてしまっています。そして残りの17日間は学生のレポートを読み、論文を書いているのです。もちろん、サラリーマンのように、朝から夕方まで時間を拘束されているわけではありません。ただし、授業の合間、授業を終えて、講義の準備をし、書類を書き、委員会や学会の資料を整え、メールを送り、等の雑務をどさっとこなしています。したがって、慰めといえば、眠ることと酒を飲むことだけです。実に哀れな味気ない日々です。どうか慰めてやってください。特にかわいい女の子は。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆